シンガポールから見た日本の求人事情@iums2017singapore

シンガポールで働いている管理人が、日本の転職やバイトの求人について2017年より切り込んで解説。International Union of Market Congress。求人の国際市場連合会議目指します。

人事コンサルタントに転職したい!そんなあなたに仕事内容を解説!


企業の組織改革をサポートする「人事コンサルタント」の仕事。名前は聞いたことがあるけど、よく分からないという人も多いのではないでしょうか?

「人事コンサルタントに転職したい!」「最近人事コンサルタントのことを知って、転職をしてもいいかなと思ってる」このように、少しでも人事コンサルタントへの転職に興味があると言う方はぜひこの記事を参考にしてください。

今回の記事では、未経験者で人事コンサルタントへの転職を考えているという人に向けて「人事コンサルタントの仕事内容」や「人事コンサルタントに転職する方法」、そして「人事コンサルタントの魅力やメリット」についてご紹介していきたいと思います。

転職に踏み出すまでは時間がかかると思いますが、ぜひこれを機会に転職を検討してみてはいかがでしょうか。
それではまず、人事コンサルタントがどのような仕事なのかを見ていきましょう。

 

転職する前にそもそも人事コンサルタントって何?


コンサルタントと聞くと「経営コンサルタント」をイメージしてしまうと思いますが、経営コンサルタントと人事コンサルタントは全然別物です。

経営コンサルタントが「企業の経営」をサポートするのに対して、人事コンサルタントは「企業の人事制度」のサポートを行います。つまり経営コンサルタントが経営面から企業をサポートするのに対し、人事コンサルタントは人事制度や組織構造の観点から企業をサポートします。「企業をサポートする」と言う意味では目的は同じですが、そのプロセスは違うのでしっかり区別するようにしましょう。

それでは具体的に、人事コンサルタントの仕事内容についてご紹介していきたいと思います。

 

人事コンサルタントの仕事内容

人事コンサルタントの主な仕事内容は、人材育成カリキュラムの構築、評価制度の変更や、その効果を検証するのが主な仕事になります。
企業の中でも最大の資産である人を商材として、人事に関することはなんでも関わっていきます。

プロフェッショナルの目線で、企業の「組織構造」や「人材」に着目し、企業の課題点や問題点を見つけます。ただ課題点を見つけるのではなく、企業にヒアリングを行うことで課題点の洗い出しを行います。

 

未経験でも大丈夫?

ここまで読んできた方は、「なんだか難しそうだし、未経験者が転職するにはハードルが高すぎる」と思うかもしれません。

しかし、未経験者でも人事コンサルタントに転職することは可能です。よく考えて欲しいのは、「経験がある人は絶対にコンサル業界に転職することができるのか?」ということです。経験がなくてもやる気さえあれば、努力次第で転職は必ず成功します。

一番良くないのは自分を過信してしまうことです。「も友とコンサル業界に務めていたから、転職なんて楽勝だよ」と気を抜いている人ほど、転職成功から遠ざかって行くことでしょう。
とはいえ未経験者が人事コンサルタント転職できたところで、すぐに活躍できるケースは少ないです。

未経験者がやるべきこととしては、実際の業務を通して人事コンサルの仕事内容の全体像をつかむことです。経験者であっても最初からバリバリ活躍できると言うわけでもないので、劣等感を感じる必要は全くありません。転職活動の時点で、人事コンサルの仕事内容を頭の中に叩き込みましょう。

 

未経験から人事コンサルタントに転職するには?


次にご紹介するのが、「人事コンサルタントに転職する流れ」についてです。未経験者の方はまず何から始めれば良いのか、そしてどのようなスキルが求められるのかについても触れて行きたいと思います。

 

未経験者が人事コンサルタントに転職するまでの流れ

転職するまでの流れとしては、基本的に他の業種と変わりません。

かなり大雑把に段階分けすると、応募→面接→採用/不採用と言う3ステップです。応募や面接についてですが、事前に何か資格をとっておいた方が良いと思うかもしれませんが、未経験者の方は無理して資格を取ろうとしないほうがいいと思います。というのも、資格を取るためにはお金と時間がかかります。

ましてや人事コンサルのような難しい内容なら、かなりの労力を浪費することになります。

未経験者という時点で資格の有無はあまり採用には響くことはありません。資格よりも履歴書や面接練習に時間をかけたほうが、より良い転職活動であると言えます。
 

 

人事コンサルタントに求められるスキル

人事コンサルタントは「問題解決能力」や「コミュニケーション能力」が要求されます。

経営や経済の知識も大切かもしれませんが、どちらかというと問題を解決するための「論理的思考力」の方が大切になります。面接練習と合わせて、この「論理的思考力」を鍛えておきましょう。

 

人事コンサルの魅力やメリット


さて、ここまでは人事コンサルタントの仕事内容や、転職するために必要なことについてお話ししてきましたね。

最後にご紹介するのは、人事コンサルタントの魅力やメリットについてです。人事コンサルタントの仕事にはどのようなやりがいがあるのか、その魅力に迫りましょう。

 

責任が重い分やりがいも大きい

人事コンサルティングというのは、受け持った企業の命運の責任を自分が背負うことになります。

他の仕事ではあまり体験することがない、なかなかのプレッシャーだと思います。しかし自分のコンサルティングが成功したときの嬉しさは、何にも変えられません。

 

給料が良い

人事コンサルティングの平均年収は、500万前後と言われています。「安い!」と思った方は最後まで聞いてください。

人事コンサルティングというのは自分の成果次第で、給料の昇級期待できます。全ては自分の頑張り次第なので、若くてもチャンスはたくさんあります。

キャリアアップを目指して人事コンサルティングへの転職を検討してみてはいかがでしょうか。自分の立ち位置が上がれば上がるほど、その責任も大きくなりますが、やりがいはもっと大きいです。

 

まとめ

さて、今回の記事では未経験者で人事コンサルタントへの転職を考えているという人に向けて、「人事コンサルタントの仕事内容」や「人事コンサルタントに転職する方法」、そして「人事コンサルタントの魅力やメリット」などについてお話ししてきました。

人事コンサルタントという仕事がどのようなものなのかよく分からないという方も、今回の記事で全体像をつかむことができたのではないでしょうか。
この業界は、経験があるから必ず成功できるという訳ではありません。最終的に問われるのは本人の努力なので、未経験だからといって諦める必要はありません。

この記事が少しでもみなさんの転職活動に役立てば幸いです。最後までご覧いただき、ありがとうございました。