シンガポールから見た日本の求人事情@iums2017singapore

シンガポールで働いている管理人が、日本の転職やバイトの求人について2017年より切り込んで解説。International Union of Market Congress。求人の国際市場連合会議目指します。

バイトの面接は手堅く攻めろ!そんな時のナチュラルメイク!

大学に入り、さぁバイトでも始めようか!?
という時に、「…」化粧ってどれくらいした方がいいの?

ということに悩んだことありませんか?

まぁいつも通りでいいや!なんて思ってたら、「面接は顔で決まる!」なんて噂を聞いてしまうと「やば」と思ったことがあります。

そんな時に乗り切ったのが「ナチュラルメイク!
まぁでも最近の若い子は知っているかもしれませんね…
(うらやましい)

 

好印象のナチュラルメイクって?

正社員でもバイトでもナチュラルメイクが好印象のようですが、実際「ナチュラル」ってどこまでがナチュラルとして見てもらえるのか、悩みますよね。
意見は様々ありますが、整理してみましょう。
 

 飲食店

飲食店の接客は、お客様が気にならない程度のメイク、というのが1つの基準でしょう。
ファンデーションが香るほど塗ってもいけないし、薄すぎて不健康に見えるのもよくありません。
明るめのBB/CCクリームなどをよく伸ばすと厚すぎず明るく見えますよね。

持ってなければ例えばちふれのBBクリームはコスパがいいです。


BBクリーム800円


リップは流行りだからといって真っ赤すぎず、顔色を明るく見せる程度がいいでしょう。
眉毛も書きすぎに注意。ペッタリ貼ったかのように見える眉毛は不自然です。
お客様が目を留めてしまうようなつけまつげ、ラメ入りの粉、ネイルなどは、NGですね。
飲食店は接客する人だけでなく、裏方も同様。
気づかないうちにメイクの一部が食べ物に入る可能性があるので、勤務開始前によく注意されるでしょうが、面接の時点からナチュラルにしておけば、好印象ですよね。

リップは流行りだからといって真っ赤すぎず、顔色を明るく見せる程度に、ピンクやオレンジのグロスだけでもいいですね。色白の人はピンク系が合います。
またしてもちふれですが、ここはとにかくコスパが良いのでオススメ。


リップ500円


眉毛も書きすぎに注意して、流行に左右されず自然な眉毛を。


アイブロー400円


どうもくすみがちな人はチークをうっすら付けましょう。


チークカラー300円



アパレル

アパレルの場合は、店舗の接客か倉庫などのバックオフィスかで、違いがありますが、店舗のバイトであれば、そのブランドの雰囲気に合わせるのが大前提です。
店舗によっては、研修があったりしますから、参加させてもらえれば分かりますが、バイトだとそこまで出来ない場合は、自分なりの勉強が必要になりますね。
面接の時点からハードルが高そうです。
しかも、おしゃれにすればいいということではなく、例えばネイルについても、業務に支障がないように短くして、引っかかりやすいパーツやストーンはNGの店舗もあります。
面接の時点で、メイクもネイルも盛りすぎないようにしておいて、どのくらいがいいのか質問してみるといいでしょう。

 

工場

接客ではないので、工場で働く女性のすっぴん率は高いようです。
食品工場などはメイクNGの場合もありますし、マスクや帽子をかぶることもあって、メイクが邪魔になる場合もあります。
飲食店と同様に、つけまつげやネイルのパーツを商品に落とす可能性があるので、面接の時点からしない方が無難でしょう。
すっぴん率が高いとはいえ、ナチュラル・薄化粧というのが多いようです。


 

事務

これも接客がない場合は、気を遣う度合いは低くなりますが、そうはいっても事務所の方々と一緒に仕事するわけですから、好印象に見える方がいいでしょう。
やはり、盛りすぎず、薄すぎず、顔が明るい印象に見えることを心がけましょう。



多くの職場では、ギャル風の濃いメイクは好印象にはならないでしょう。
気にしない職場もあるでしょうが、少数派だと思った方がよさそうです。
明確な許容範囲や禁止事項があれば、それに合わせますが、それほど厳しくなければ、そこの職場の雰囲気に合わせるのが一番良いですね。
勤務前は、前述したように、親や友達に意見をもらうといいでしょう。
自分ではそんなに濃くしているつもりがなくても、いつの間にか濃くなっていることもあります。
香水も注意
自分では香りに麻痺していて、周りからは「臭い」と思われていることがあります。
勤務開始した後は、同僚の女性に聞いてみたり、よく周りを観察しましょう。

最後にまるでちふれの回し者のようですが、他にもETUDEHOUSEやTHE FACESHOPのような韓国コスメもコスパがいいのでお勧めです。
韓国コスメ大集合の通販、STYLE KOREAN

 

メイクだけじゃなくて髪型も気を付けておきたい!?

メイクは決まったし、服装も大丈夫。でも髪型これでいいのかな?
メイクと同様、髪型も清潔感があってすっきりしているのが好印象です。
元々パーマをかけたり染めたりしていないならば気にしなくていいでしょう。
長く伸ばしている場合は、髪の毛の色に近いゴムで後ろに束ねます。

かなり明るく染めたりブリーチしている場合はどうしたらいいか。
メイクのように急に変えるのは難しいので、まずは髪型や髪の色を指定している職場を避けてバイトを探しましょう。
参考:【社会人必見】よく聞く”7レベル”のカラーって実際どんな仕上がりなの?

指定がある職場は、募集要項をよく見れば書いてあります。
書いてない場合でも、金髪はNGが多いようです。
もちろん職場によるので、派手目に染めている人がたくさんいる職場もあります。
かと思えば、アパレルでは色よりも、髪が伸びて「プリン」になっているのがみっともないと注意されることも。

茶系に染めている人は多いので、極端でなければ問題ないでしょう、
パーマをかけたりしている場合も、面接の時から、後ろに束ねてすっきり見えるようにすれば大丈夫です。

 

まとめ

以上転々とバイトをした私が気を付けていることでした。

もちろん
バイトに入ってからでも先輩に聞けばメイクを教えてもらえます。

ZARAのようにメイクの雰囲気を店で決めているところもあるのでバイトに入ったときに
聞いてみるのもメイクのレパートリーを増やす方法です!